任意整理とは|任意整理相談再安値17800円

『任意整理』着手金0円のロイズなら、ゆとりある計画的な返済ができます。

任意整理とは

任意整理(和解)とは、裁判所などの公的機関を通さず、弁護士や認定司法書士が代理人となり債権者と任意に交渉し、グレーゾーン金利の債務計算をしなおし、利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらい、負債を圧縮する手続きのことです。

利息制限法に引き直して計算します

債権者がサラ金業者の場合、利息制限法を越える金利でお金を貸しているのがほとんどです。
※利息制限法の上限金利は以下のとおりです。

金利についての制限

弁護士・司法書士が任意整理の依頼を受けると債権者に受任通知書を送り、今までの取引履歴を取り寄せて、利息制限法に基づいて引き直し計算をしますが、だいたい2~3割は債務が減ります。
サラ金業者の場合、その取引期間が5年以上になってくると債務がなくなることもあり、過払金(債務者が払いすぎたお金)が発生している場合があります。また、支払っていた期間と利息によっては過払い金が発生している場合もあり、借金が0円になって逆に返金されるケースも少なくありません。返済はロイズ司法書士事務所が代行して行い、あらかじめ決められた和解金額を毎月指定された口座にご入金いただくことになります。

任意整理は3~5年で返済します

債務者が弁護士・司法書士に任意整理を依頼するときは、すべての借金を打ち明けることが重要です。そして、通常弁護士・司法書士は利息制限法に基づいて債務額を確定して、債務者の収入の中から3年間(場合によっては5年程度)で返済できる見込みがあれば任意整理を選択することになります。あまりにも長期間にわたる返済計画では業者もなかなか応じてくれないのが現状です。

任意整理の事例で知るなかなか借金が減らない理由

50万円を29.2%の利率で借り、最低返済額月々1万7000円の返済を続けたとします。その場合、返済にかかる期間と利息の合計額はどれくらいになると思いますか?計算すると月払いでの返済期間は約4年、利息の合計額は約35万円にも上ります。つまり、総返済額は約85万円になるのです。

これでは月額1万7000円の返済をしても、ほとんどが元金より利息に充てられてしまい、元金が減りません。元金さえ減れば、借金はもっと早くなくなります。任意整理をして利息を低くすることができれば、返済したお金のうち元本に充てられる金額が大きくなるため、借金を早く完済することができるのです。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット司法書士や弁護士が代理人になるので、今後金融機関からの取り立てはいっさいなく、交渉はすべてまかせることができるますので精神的にかなり楽になると思います。利息制限法を超えている不法利子で支払った利子を元金を返したとして再計算し直すため、劇的に借金が減ること、多くの場合、残金の返済に関して将来利息(今後の利子)を免除してもらえる可能性が高いことがあげられます。 任意整理特有のデメリットではありませんが、信用情報機関に載り5年~7年ほどローンや借り入れができなくなる可能性があります。ただし、これは他の手続を取った場合も同様です。

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ