ドロップシッピング詐欺の違法性

パチンコ攻略法詐欺・打ち子詐欺「裁判もせずに、数ヵ月で8割以上も返金され本当にうれしかった。」(神奈川県・SA様)

ドロップシッピング詐欺の違法性

ドロップシッピング詐欺の違法性

ドロップシッピング詐欺において倫理的・法律的に問題となるポイント

1.プロフェッショナルを装い、断片的で偏った情報の提供により、「サイトを製作してサイドビジネスに参加すれば、必ず儲かる」もしくは、「必ず儲かるだろう」と錯覚させたうえで高額なホームページを販売している。
2.格安で商品を提供するはずの卸売網は実際には存在していない


※当事務所が調査のため、一部の商品に対し、卸値と販売網についてあるメーカーの担当者に直接問い合わせたところ「そのような価格帯でそのように流通することは有り得ない」との回答が寄せられています。

・消費者契約法第4条1項1号 不実告知
業者が、契約の重要事項につき不実(うそ)を告知し、消費者がその不実を事実と誤認して契約を締結したと言える場合、契約を取り消し、返金を要求することができます。

・消費者契約法第4条1項2号 断定的判断の提供
業者が、消費者が勝てるかどうか見通しが難しいものについて断定的な判断を提供したことにより、消費者がその断定的判断を事実と誤認して契約を締結したと言える場合、契約を取り消し、返金を要求することができます。

・民法第95条 錯誤無効
業者が、必ず勝てるんだ、損をすることはないんだ、と消費者を信じ込ませ、その結果消費者が錯誤(勘違い)に陥り、契約をしてしまったと言える場合に契約の無効と返金を要求することができます。

・民法第96条 詐欺による取消
業者が、消費者を積極的に騙す意思をもって虚偽の事実を説明し、消費者が錯誤に陥ったのに乗じて契約させ、金銭を交付させたと言える場合に契約を取り消し、返金を要求することができます。

ドロップシッピング詐欺の「騙されたお金」を取り返す。

パチンコ詐欺も着手金0円

ロイズ司法書士事務所は、強い信念を持ってドロップシッピング詐欺の撲滅に努め、「騙されたお金を取り返す」ことで、一人でも多くの被害者を救済できればと考えています。

そのため、安心でお手軽な『着手金0円』『完全成果報酬』の料金プランをご用意しました。
あなた1人で悩む前に、まずはご相談ください。

お客様の声 (実際に、お金を取り返した事例)

準備中

無料相談受付中

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ
カスタマーサポートセンター
サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ