遺産相続のよくあるご相談

大切なあの人のため今やるべき大切なこと

遺産相続よくあるご相談

子供に法定相続分とは違う割合で財産を分配したい

 子供が2人いるのですが、長男は同居して老後の面倒を見てくれたが、長女は就職も結婚もせず、ずっと実家暮らしをして迷惑をかけていた。できれば、財産を長男に多く分けてあげたい。

法定相続分とは異なる好きな割合で財産分配ができます

遺言書がない場合、民法で定められた「法定相続分」に従って、財産が分配されます。民法では配偶者と配偶者が相続人の場合、子供が1/2、配偶者が1/2と定めています(配偶者が既にお亡くなりの場合は子供が全て相続。詳しくは用語解説「法定相続分」へ)。つまり、子供が2人の場合は均等に1/4ずつとなるわけです。しかし、遺言書さえあれば、この割合を変えることができます。また、長男には所有している不動産、長女には現金と財産の種類を指定することも可能です。

内縁の妻に財産を残してあげたい

10年前に離婚して子供もいます。子供の将来を考え、籍を入れない内縁関係にある女性がいるのですが、彼女のために財産を残してあげたい。

法定相続人以外の人にも財産を分配することができます

通常、法定相続人は配偶者、子供、被相続人の両親、被相続人の兄弟までと範囲が決められています。内縁の妻や長男の嫁、叔父・叔母などには分配することはできません。しかし、遺言書さえあれば、財産を残すことが可能。例えば、全く血縁関係にないお世話になった介護ヘルパーの方や、仕事関係で面倒を見てくれた同僚の方など親族以外の第三者にも財産を分配できるのです。また、内縁の妻との間に婚外子がいた場合、認知さえすれば、実子と相続割合を同等にすることもできます。

「老後の世話をする」という条件付きで財産を相続させたい

長男に「老後の世話をする」という条件を付けて、財産を全て相続させたいのですが、遺言書に条件を付けることはできますか?

法定相続人以外の人にも財産を分配することができます

条件付きで、財産を相続させることを「負担付遺贈」と言います。これらを遺言書に記載し、法的拘束力を持たせることができます。もし条件が履行されない場合、家庭裁判所に遺言取り消しの請求を行うこともできます。また、この負担付遺贈を行う場合、あらかじめ遺言執行者を選任しておくことをオススメします。第三者の立場から公平に実行するためにも、遺言執行者は弁護士や司法書士などの専門家のほうが良いでしょう。

遺言執行者について

ロイズ司法書士事務所では負担付遺贈に関してだけではなく、全ての遺言書に遺言執行者の選任をオススメしています。相続発生後、遺言内容の通りに手続きを行うのは、実に多くの手続きが必要になります。それら遺言内容の執行には法的な専門知識が必要で、そのために家族間で揉めるケースが多いのです。

相続発生後、争いを避けてスムーズに遺言内容を実現するためにも、遺言書作成と同時に、遺言執行者を選任したほうが確実に、そして公平に遺言内容を実現できます。

●主な業務
1) 相続に関する財産目録の調整
2) 全ての相続人へ財産目録の交付
3) 遺産の収集・管理・処分
4) 相続財産の分配

  • 困った時に便利な用語集
  • 生活やビジネスに役立つ契約書テンプレート

遺産相続

  • 遺産相続よくあるご相談
  • 遺産相続の各種サービス
  • 遺言書の種類
  • 手続きの流れ
  • 必要書類
  • 料金表・費用
  • Q&A
  • 用語集

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ